無料ブログ作成サービス JUGEM
激しい雨が
0

    激しい雨が

    おれを洗う

    激しいビートがおれに叫ぶ

    何もかも変わりはじめる♪

     

    アメリカンドリーム

    そいつはものがたり

    〜〜

     

    ラジオでモッズの歌がかかるなんて、

    あ、そっか雨が続いているからね。

     

    ※Two Punks も聴いてみたい

     

     

     

     

     

     

    | taniuti | 詩&音楽&バンド演奏 | comments(0) | - |
    思い通りに動かない世の中なんてなにもかも
    0

      中島みゆき「彼女の生き方」という歌がある。

       

      思い通りに動かない

      世の中なんて何もかも

      だけど

      私だって

      世の中の

      思う通りなんて動かない

      彼女の人生

      いつでも晴〜♬

       

      *いい歌だなぁと。

       

      そうさあたしはタンポポの花

      風にふかれて飛んでいく

      行きたい場所に

      行きたい空へ

      落ちると思えば

      飛び上がる

      彼女の人生

      いつでも晴〜♬

       

      *落ちると思えば飛び上がる

       

       

      この歌を聴いていると、

       

      志賀直哉の青〜い詩で

       

      おれは杉の木

      協力するが

      独立する

       

      を思い出した。

       

      ちょっと違うか。

       

      ま、いいや。

      @ミセス・グリーン・アップル「春愁」

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      | taniuti | 詩&音楽&バンド演奏 | comments(0) | - |
      当たり前を疑う
      0

        高齢化社会の日本において消費税はどうしても必要だと考えてきた。

        消費税(間接税)により、広く浅く税負担を負担を求めることで、

        労働人口の減少する、したがって所得税が減少する分を補うだろう。

        結果としては公平・公正な税収政策になると見ていた。

        しかし、現実は違っていた。

         

        所得税の負担はそれほど変わらず、

        むしろ法人税を極端に下げたために、

        (世界標準に合わせる必要があったのか?)

        その分を消費税が補う形になってしまった。

        大企業の内部留保だけは増えたけれど、

        個人の預金・資産は減少した。

        一部の大企業しか儲かっていない。

         

        国民生活の視点からすると、これって?どうなのか。

         

        大事なことは、マクロの経済(財政)政策と、

        実際の生活実感が一致していることだ。

         

        にもかかわらず、

        何となく頭の中で「消費税増税はやむえないなぁ」と思いつつ、

        生活が苦しくなっている。税負担が重くなっている。

        おかしい。

        国の経済(財政)政策が間違っていたのだ。

         

        これまでは消費税増税に何の違和感も抱かないできた。

        しかし、現実の生活が悪くなっている。

        消費税増税は間違っていた。

        あるいは法人税減税が間違っていた。

         

        もう一度自分の頭で考えていきたい。

         

         

         

         

         

        | taniuti | - | comments(0) | - |
        トップの資質と行動力
        0

          コロナ騒動によって、

          よくもわるくもトップに立つ人間の資質と行動力が

          ハッキリしてきた。

           

          それは単に政治の世界だけでなく、

          社会一般にも広がっている。

           

          単なる現状追認で、何の指導力もなく、

          自分のためだけにしか動かない、

          一方で多くの人を幸せにしない(できない)

          そんなトップは要らない。

           

          社会的に見ても意味がない。

           

          ※山本太郎の演説動画をみながら記す。

           

          https://www.youtube.com/results?search_query=%E5%B1%B1%E6%9C%AC%E5%A4%AA%E9%83%8E

           

           

          | taniuti | 日々つれづれ | comments(0) | - |
          山本太郎の演説がすごい
          0

            山本太郎の演説は以前youtubeで見たことがある。

            なかなかすごい。

            https://www.youtube.com/watch?v=xGIHqSCZLLM

            語りがうまいだけじゃなくて、

            本当に困っている人の姿、

            何が問題なのか、

            どうすればいいのか、

            よどみなく、

            ストーリーとして語っている。

             

            やる気にさせる語り、

            希望が生まれる語り、

            このままで終わらないという語り、

            ‥‥なんだろう。

             

            仕事は違うけれど、

            人に何かを伝えるという意味では

            教えられることが多い。

             

            「ダラダラなにやってんだ!」

             

            その通りだと思う。

            通常の生活ではありえない遅さ。

             

            政治は「誰かの金を誰かのために使う」仕事だ。

            「誰かの金を自分のために使う」のは汚職だ。

            何やってんだ!

            政治じゃない。

             

            「自分の金を誰かのために使う」それは慈善活動だ。

            でも、規模は小さい。

            本当は「誰かの金を誰かのために使う」仕事が

            一番社会に与えるインパクトが大きい。

            だから政治が重要なんだ。

             

            youtubeを見ながらそんなことを考えていた。

             

            で、自分に何ができるのか。

             

            youtubeで「山本太郎」検索

            https://www.youtube.com/watch?v=xGIHqSCZLLM

             

             

             

             

             

             

            | taniuti | やる気を高める | comments(0) | - |