無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
問題提起について
0
     

    自分の専門から、問題を考えてみます。専門知識が足りないと良い問題提起はできません。

    私は政治が専門ではありませんが、次のように考えてみました。まず私は、政治を利害調整と考え、政治の目的は豊かさ&平和にあると思っています。

     

    例)本来中立公正であるべき規制委員会ですが、世論や政治によるゆさぶりが起こります。(本来中立であるべき)日銀にしても同じです。政権が変わったとたん、インフレターゲット論が起こり、そこへ巻き込まれて数値目標を設定しつつあります。

     

    なぜそうなってしまうのか。



     政権交代が直接の原因ですが、その背景には、国民の平和・豊かさ追求があると思います。世論を受けて政治が動いていくことを思えば、また選挙の争点に原発があがってこなかったことを思えば、規制委員会は当初期待されていたこと(日本の原発全廃)から、転換を求められていると言えます。

     
     一方で、選挙の区割りが不平等で、一票の格差が是正されていないからだという反論もあります。もし格差が是正されていたら、選挙で原発が争点になったかもしれません。(私自身はそうは思わないのですが)

     
     より根本的な理由としては、原発は、現状では危険だけれどそれに代わるエネルギー源がまだない、原発を制御する(日本の)技術力は高い(経済的理由)、軍事用にも転用可能である(軍事的理由)、などが考えられます。

     
     これは民主党政権が続いたとしても、最終的に議論されただろうと思います。なぜなら、それが、日本の豊かさ&平和に関わる問題だからです。

     

     

    問いを立てる、

    答えを考える、

    反論を想定する、

    再度自分の答えをまとめる

     

    こんな感じで進めてみてください。
    考えて書く作業は大変ですが、
    しかしそれが答案作成の本質です。

     


    | taniuti | 小論文 | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | - | - |
      Comment
      name:
      email:
      url:
      comments:
      Trackback
      トラックバック機能は終了しました。