無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
ちょっとしたことが成果につながる
0

    一つの動作をするときに、

    その先を考えて行動するのとしないのと、

    どっちが効率的か。

     

    例えば、同じ講義を聴くのに、

    どこが重要なんだろ、

    どこが試験に出るんだろ、と考える方が、

    学習効果は高いだろう。

     

    講義を聴いて、

    疑問点をその場で調べる、

    図書館で関連文献を読んでみる、

    友人と講義のテーマで話し合ってみる、

    聴いた内容を他人に説明してみる、‥‥

    一つの動作だけで終わらせない、

    なにがしか関連付けて考えて行動していく。

     

    こんな感じでやっていくと理解が深まるだろう。

     

    うまくいく確率が高まる。

     

    そろそろ試験が近づいている。

    90点以上を取るつもりで準備するのと、

    単位取れたらいいや、と思って何もしないのと、

    どちらが効果的か、もうわかると思う。

     

    ちょっとした積み重ねが成果につながっている。

     

     

    焦らず、たゆまず、1つずつ、確実にいこう。

     

     

     

     

     

     

    | taniuti | 勉強の進め方 | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | - | - |
      Comment
      name:
      email:
      url:
      comments:
      Trackback
      http://taniuti.jugem.jp/trackback/3192