無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
オンラインセミナーのお知らせ(8/5午後8時30分〜)「三重県津市の大門百貨店」についてお話しします
0

    ZOOMをつかったオンラインセミナーです。

    著名な先生方が登壇されます。

    関心のある方はぜひご参加ください。

     

    カイロスオンラインセミナー「ピンチはチャンスだ!」

    ゲストスピーカーとしてお招きするのは、困難な状況の中でも我々ビジネスマンに参考になる知恵や経験を提示してくださる各界のリーダーの方々です。学問領域の人々の冷静な見方、賢者は歴史に学ぶという格言通り、過去の事例を通して今の困難をどう乗り越えるかを提示してくれる新進気鋭の語り口、何度も危機を乗り越え事業そのものを再創造してきた経営者の魂ある姿勢、グローバルワイドなスタンスやデジタライゼーションの観点からこれまでとまったく違う新しいモノの見方や方向性を提示する新世代のビジネスピープルの考え方。天命を知り尽くしたトップ経営者の視点など、多角的に深く考えるきっかけを提示できる方々をお招きします。

     

    時間は仕事が一息ついて、少し息が抜ける夜20時30分からの1時間。集まることのリスクを避け、自分の場から参加できるリモートの良さを生かし、ZOOMを使って開催します。

    時間は短く感じられるかもしれませんが、ネット上のミーティングでは十分な時間ではないでしょうか。

     

    さて、コーディネーターは、大阪市立大学商学部教授 吉村典久先生、九州産業大学商学部講師 新田町尚人先生のお二人。ゲストスピーカーの話を深堀し、ズバッと本質に切り込んでくれます。

     

    参加費:無料

     

    定員:30

    (先着順。定員に達した場合、お断りする場合がありますので、ご了承ください)

     

     

    開催プログラム

    第1回:全体を通しての基調ディスカッション

    テーマ :『第2波への備えを考える ”日本企業の本質的な強さとは何か“ 第1回』

    日時:2020年7月22日(水)20:30〜21:30

    『ゼミナール経営学入門』『「経営の精神」我々が捨ててしまったものは何か』など多くの著書や日本企業の強さ、特長などを実証研究してこられた神戸大学名誉教授の加護野先生に、コロナ禍からの再生をどう行えばいいのか、そのために私たち企業人が再認識するべき「日本企業の本質的な強み」とは何かについてお話をいただきます。第1回、第2回は、本セミナーの基調ディスカッションですので、以降の各回にご参加いただく方はできるだけ本回のご受講をお勧めします。

     

    メインスピーカー:神戸大学名誉教授:加護野忠男先生

    コーディネーター:大阪市立大学経営学部教授:吉村典久先生

     

    カイロスオンラインセミナー「ピンチはチャンスだ!」

    お申込みはこちらから

    オンラインセミナー「申し込み」

     

     

    第2回:全体を通しての基調ディスカッション

    テーマ :『第2波への備えを考える ”日本企業の本質的な強さとは何か“ 第2回』

    日時:2020年7月30日(木)20:30〜21:30

    日本のマーケティング研究のパイオニアでもある流通科学大学元学長、神戸大学名誉教授の石井先生に、マーケティング的な観点から現在の状況をどう乗り越えていけばいいのかをお話いただきます。先生はネットとビジネスの関係にもご造詣が深く、オンラインやリモートなど、最近の企業が直面している課題についても触れていただきます。第1回、第2回は、本セミナーの基調ディスカッションですので、以降の各回にご参加いただく方はできるだけ本回のご受講をお勧めします。

     

    メインスピーカー:流通科学大学元学長:石井淳蔵先生

    コーディネーター:大阪市立大学経営学部教授:吉村典久先生 

     

    第3回:

    テーマ:『危機後の新規ビジネス立ち上げを考える第1回 “競合の圧力をはねのけスペイン風邪後に創業した”大門デパート“にヒントを探す』

     

    日時:2020年8月5日(水)20:30〜21:30

    今からほぼ100年前、日本を襲った「スペイン風邪」は当時の日本に壊滅的な打撃を与えました。現在の新型コロナの状況と非常に似ていると言われています。産業界が打撃を受ける中、スペイン風邪後の厳しい環境の中で新たな事業創造、ベンチャーとして創業されたのが三重県津市の「大門百貨店」(現在の松菱の前身)です。アフターコロナを「歴史に学ぶ」観点から小売業の歴史に詳しい谷内先生にお話しいただきます。

     

    メインスピーカー:大阪商業大学経営学部准教授:谷内正往先生

    コーディネーター:大阪市立大学経営学部教授:吉村典久先生

     

     

    カイロスオンラインセミナー「ピンチはチャンスだ!」

    お申込みはこちらから

    オンラインセミナー「申し込み」

     

    第4回:

    テーマ:『危機後の新規ビジネス立ち上げを考える第2回 “神戸大震災、廃業、雇われ社長を経て事業そのものを再創造した松浦社長に聞く”』

    日時:2020年8月12日(水)20:30〜21:30

    現在では製薬業界にあって確固たる製造受託メーカー(OTC)として知られている万協製薬は1995年の神戸大震災で被災し事業精算を余儀なくされました。その後、さまざまな変遷を経て三重県多気郡で新たな道のりを歩み始めましたが、それは全く新しいビジネスモデル創造への挑戦でもありました。あまたの危機を乗り越え、さらにステージを引き上げてきた松浦社長にアフターコロナへのヒントをお聞きします。

     

    メインスピーカー:万協製薬社長:松浦信男氏

    コーディネーター:九州産業大学商学部准教授:新田町尚人先生

     

     

    第5回:

    テーマ:『第2波を前に改めて問う“人が集まるとはどういうことか”日本最大のイベント設営会社能村社長に聞く』

    日時:2020年8月26日(水)20:30〜21:30

    TSP太陽株式会社はイベント設営企業としては日本最大の企業です。様々な国家イベントやコンサートなど、何気なく参加しているその空間や場を作ってくれている会社です。三密とも言われ、人が集まるということが新たな社会課題の一つになる中、イベントはデジタル化、分散化、リスク化すると早くから論陣をはってみえた新進気鋭の経営者である能村社長に最新の視点を提供していただきます。

     

    メインスピーカー:TSP太陽 能村祐己社長

    コーディネーター:大阪市立大学経営学部教授:吉村典久先生

    *)終了後、コーディネーター吉村典久先生と九州産業大学新田町尚人先生による前半の総括。後半のポイント。

     

    第6回:

    テーマ:『第2波を前に世界から日本を見る “日本企業の良さ悪さ”グローバルワイドで働くビジネスマンに聞く』

    日時:2020年9月2日(水)20:30〜21:30

    ワールドワイドで仕事をしている立場から見た時、今の日本企業の何が問題なのか、世界の競争環境の中で再生するにはどうするべきなのかについてお話をいただきます。スピーカーは中国に精通し、コロナ禍の中では福祉事業会社社長を務め、今また北米でのM&Aを含む戦略担当として活躍されている森本素子氏。

     

    メインスピーカー:パナソニック株式会社ライティング事業部 北米事業戦略企画担当上席主幹兼北米ライティングBU長 森本素子氏

    コーディネーター:大阪市立大学経営学部教授:吉村典久先生

     

     第7回:

    テーマ:第2波を前に改めて問う

    ”行政の最前線から見たコロナとは何だったのか”

    最速のサービスを実現した辣腕市長に聞く

    日時:2020年9月9日(水)20:30〜21:30 

    今回のコロナ禍に対する行政の能力はそのスピードで私たち一般市民の目から見て明らかになりました。給付金だけではなく、手続きの煩雑さや窓口、電話応対などでのわかりにくさなど行政の仕事の質が改めて問われることになりました。そのような中でコロナ禍の最初から徹底した情報発信を行い、窓口でのスムーズな応対や説明の徹底などを行い、給付金の支給に当たっては組織を上げて対応し、最速のサービスを実現したと言われている前葉津市長に行政の立場から再生へのお考えをお聞きます。

     

    前葉 泰幸 津市長

     

    第8回:

    テーマ:『第2波を前に改めて問う “小売りの現場はどう変わるのか” インバウンドやネットなど嵐の最前線で顧客満足を届け続けた売りの達人に聞く』

    日時:2020年9月16日(水)20:30〜21:30

    コロナ騒ぎの中、インバウンドが消えた、ネット販売が増えたと様々なことが言われていますが、モノを売るという現場でそれらすべてを実感し、お客様へ顧客満足を届け続けてきた伝説の営業ピープルに今をどう見ているのかをお聞きします。また営業の最前線やモノを売るという仕事がどう変わっていくと感じているのか最前線の見方をお聞きします。

     

    メインスピーカー:高島屋大阪店店内営業担当副店長 伊藤 桂氏

    コーディネーター:九州産業大学商学部講師:新田町尚人先生

     

    カイロスオンラインセミナー「ピンチはチャンスだ!」

    お申込みはこちらから

    オンラインセミナー「申し込み」

     

    第9回:

    テーマ:コロナが変える日本企業のマネジメント

    更なる社会的価値の追求が日本企業の再生と新たな事業創造、働き方そのもののチェンジにつながる

    日時:2020年9月30日(水)20:30〜21:30

    コーディネーターを務めていただいている大阪市大吉村先生と九州産業大学新田町先生にお話を伺います。コーディネーターを務めていただくのは、株式会社GFNの五味由紀子代表。吉村先生のご専門は企業統治。新田町先生は金融論。お二人とも神戸大学大学院のご出身で「関西リアル」と言われる実証的な発言で知られています。企業のマネジメント、地域の活性化、仕事の再生というテーマについて、実務家の立場から、多くの企業人を育ててきた五味代表に切り込んでいただきます。

     

    株式会社GFN 五味由紀子代表

     

    第10回:

    テーマ:第2波を前に日本のビジネスマンに伝えたいこと

    “我々、日本のビジネスマンの矜持とは”

    金融界の頂点から見る危機克服の道筋

     

    日時:2020年10月7日(水)20:30〜21:30 

    今回のオンラインセミナーの最後に金融界のリーダーからご示唆をいただきます。岩永社長は緊急危機の折にはその最前線で奮闘され、今また社会システム全体が変革を余儀なくされている時に金融界の頂上で指揮をとっておられるなど、いわば”時に選ばれた人”です。時に選ばれた人の目から日本企業復活への道筋を示していただきます。

     

    メインスピーカー:りそな銀行 岩永省一社長

    コーディネーター:大阪市立大学経営学部教授:吉村典久先生

     

    カイロスオンラインセミナー

    お申込みはこちらから

    オンラインセミナー「申し込み」

     

    | taniuti | 谷内正往の論文 | comments(0) | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | - | - |
      Comment
      name:
      email:
      url:
      comments: